軽自動車(車庫証明)

車庫証明届出(軽自動車)

新車を購入した場合、中古車の購入等により、保管場所が変わった場合、届出後に保管場所が変わった場合、引越しにより保管場所が変わった場合に必要になります。下記の地域に、使用の本拠の位置(住所地や事務所)がある場合に届出が必要になります。

料金表

申請先 代行報酬 必要費用
横浜市全域 4,000円 消費税、実費
横浜・川崎・相模・湘南ナンバー管轄全域 8,000円 消費税、実費

東京都全域対応いたしております。お気軽に見積もりご連絡ください。

※振込にてお支払いのお客様振込手数料がかかります。

※日程等により料金は変動いたします。 (日程いただけましたらお値引きいたします)

オプションサービス 代行報酬
所在図・配置図作成 3,000円+税
証明書類手配(住民票・納税証明書・事業証明書 etc.) 5,000円+税

手続きに必要な書類

  • 車検証コピー・住民票コピー
  • 所在図・配置図
  • 自認書、保管場所使用承諾証明書又は賃貸借契約書
  • 委任状(認印で押印)
  • 法人申請の場合は所在証明(直近の公共料金領収証等。不要な場合もあります)
  • その他必要事項(申請者電話番号・入替車両の登録番号・納期期限)

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 申請者の住所と使用の本拠の位置が異なる場合は、使用の本拠の位置を証明する資料を添付してください。
    添付資料の例:公共料金の領収書(写)、営業証明書(写)、使用の本拠の位置への消印付き郵便物 等
    保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)[保管場所が自分の土地、建物の場合に使用]又は、保管場所使用承諾証明書[保管場所が他人の土地、建物の場合に使用]のいずれか一通
  • 駐車場賃貸借契約書(写)で、契約内容によっては承諾証明書の代わりとなる場合があります。ただし、保管場所の位置、契約期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限ることや、車両限定の有無など、契約内容により申請する車の使用権原が認められない場合もありますので、よくご確認ください。
  • 使用期間については、届出日が使用期間内であり、かつ届出日から1か月以上の使用権原を有すること。
  • 駐車場が申請者様所有の土地の場合は自認書をご送付下さい。
  • 駐車場が賃貸の場合は保管場所使用承諾証明書が必要です。不動産屋さん等に記名・押印をしてもらいます。
    (管理会社等によっては手数料が必要な場合があります)
  • 法人申請時の使用承諾書記載事項にご注意下さい。

ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

申請前お預かりご依頼の方、郵送手続きが手間、書類のチェックをしてもらいたい。完了後お渡しご依頼の方、振込みが手間、完了書類をもってきてほしいなど(別途費用、1度のご訪問につき+3,000円)

 お気軽に見積もり請求、ご連絡下さい。お待ちしてます。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をMail、FAXにて返信いたしますので、お客様が確認後、ご判断いただき、ご了承頂けましたら業務に着手致します。お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはmail、FAXを推奨しております。記載漏れ、不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、電話番号を記載の上まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

PAGE TOP