普通自動車輸出抹消仮登録

輸出抹消仮登録

抹消登録制度の改正で、2005年以降、船積み予定の中古車は輸出抹消登録の手続きが必要になりました。中古車を輸出するには、各地の運輸支局等(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)において、輸出抹消仮登録証明書(一時抹消登録していない車両)または輸出予定届出証明書(一時抹消登録している車両)の交付を受ける必要があります。軽自動車を輸出する時には、輸出予定届出証明書交付申請の手続きを行って下さい。

料金表

申請先 代行報酬 必要費用
 横浜ナンバー管轄 5,000円 消費税、実費、
 川崎・相模・湘南ナンバー管轄 10,000円 消費税、実費、

※振込にてお支払いのお客様振込手数料がかかります。申請書等代書も別途3000円で承ります。

必要書類
  • 車検証
  • 印鑑証明書(所有者のもので、発行から3ヶ月以内)
  • 委任状
  • ナンバープレート
  • 書式ダウンロード

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 車検証に記載されている所有者の氏名、名称が印鑑証明書に記載されたものと異なる場合は、繋がりのわかる書類、住民票、戸籍謄本や登記事項証明書の添付が必要となります。(変更登録
一時抹消登録後にする輸出届け出必要書類
  • 委任状(所有者の認印)
  • 登録識別情報等通知書(原本)(抹消登録証明書)
  • 個人の場合→住民票(発行後3か月以内。写しでも可)
  • 法人の場合→登記事項証明書(発行後3か月以内。写しでも可)
  • 所有権を証する書面(所有者の変更があった場合に限り必要)
  • (1)変更の原因を証する書面・譲渡の場合→譲渡証明書・相続の場合→戸籍謄本
  • (2)新所有者の住所を証する書面→住民票、登記事項証明書等
  • 書式ダウンロード
  • 免許証等のコピー(本人確認に御協力下さい。)

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 届出書に記載する必要がある為、輸出予定日を記載したメモ。
  • 車検証に記載されている所有者の氏名、名称が印鑑証明書に記載されたものと異なる場合は、戸籍謄本や登記事項証明書の添付が必要となります。(変更登録

一時抹消登録後の輸出届出

  • 一時抹消登録をしている自動車(大型特殊自動車及び被牽引車を除く)を輸出しようとするとき、輸出予定日の6ヶ月前から届出をすることができます。
ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

申請前お預かりご依頼の方、郵送手続きが手間、書類のチェックをしてもらいたい。完了後お渡しご依頼の方、振込みが手間、完了書類をもってきてほしいなど(別途費用、1度のご訪問につき+3,000円)

 お気軽に見積もり請求、ご連絡下さい。お待ちしてます。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をMail、FAXにて返信いたしますので、お客様が確認後、ご判断いただき、ご了承頂けましたら業務に着手致します。お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはmail、FAXを推奨しております。記載漏れ、不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、電話番号を記載の上まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

PAGE TOP