普通自動車相続手続き

相続手続き(普通自動車)

車の所有者が亡くなられた場合、相続により相続人へ自動車の名義を変更する必要があります。手続きに期間はございませんが、早めの手続きを推奨します。なぜなら相続人の方が亡くなられるなど、相続発生から時間ががたつと手続きの量も増えお客様の負担が大きくなります。

料金表

申請先 報酬 必要費用
 横浜ナンバー管轄 ~30,000円+税 消費税、実費費用
 相模、湘南ナンバー管轄 ~40,000円+税 消費税、実費費用

相続に関しましては書類を収集していかなければならず着手した段階ではどの程度の作業内容になるかわからないため、料金を掲載することができないです。当事務所は料金体系はみえやす料金をかかげる最善の努力に努めています。これ以上の費用はいただきませんということをお約束いたします。

必要書類
  • 故人の戸籍(除籍)謄本(原本還付不可)
  • 相続人全員の戸籍謄本(原本還付不可)
  • 遺産分割協議書又は、遺言書
  • 車の所有者となる相続人の印鑑証明書(発行から3か月以内)
  • 車検証
  • 車庫証明(使用の本拠の位置が変更になる場合に添付)
  • 委任状(所有者となる相続人の実印を押印)

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 相続人の中に未成年者がいた場合、特別代理人を家庭裁判所より選任し、その者が未成年者に代わって手続きを行う必要があります。

故人が所有していた自動車を相続人以外の者が譲り受けた場合

  • 亡くなった故人から相続人以外の者に直接名義変更を行うことはできません。例えば、故人の友人に車を贈与することとなった場合には、一旦相続人に名義を移してから、故人の友人に名義を移すことになります。このような手続きをダブル移転と呼びます。ダブル移転は申請時に揃える書類も通常の相続の場合よりも多く複雑になります。
  • 相続人名義に変更した後、再度登録する際は別途費用かかります。

ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

申請前お預かりご依頼の方、郵送手続きが手間、書類のチェックをしてもらいたい。完了後お渡しご依頼の方、振込みが手間、完了書類をもってきてほしいなど(別途費用、1度のご訪問につき+3,000円)

 お気軽に見積もり請求、ご連絡下さい。お待ちしてます。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をMail、FAXにて返信いたしますので、お客様が確認後、ご依頼をするのか、ご判断いただき、ご了承頂けましたら業務に着手致します。お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはmail、FAXを推奨しております。記載漏れ、不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、電話番号を記載の上まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

PAGE TOP