普通自動車抹消登録 (一時抹消・永久抹消)

抹消登録(一時抹消・永久抹消)

自動車の使用を中止する時には抹消登録申請が必要です。一時抹消登録とは、一時的に自動車を使用しなくなった場合に行う廃車手続きのことです。一時抹消登録手続きを行う際には、車検証とナンバープレートを返納するので、車を走らせる事ができなくなりますが、後日、中古車新規登録の手続きを行うことで再び公道を走る事が可能となります。永久抹消は車を処分した後の手続きです。

料金表

申請先 代行報酬  必要費用
横浜ナンバー管轄 5,000円 消費税、実費、
川崎・相模・湘南ナンバー管轄 10,000円 消費税、実費、

※振込にてお支払いのお客様振込手数料がかかります。申請書等代書も別途3000円で承ります。

必要書類
  • 車検証(原本)
  • 印鑑証明書(所有者の発行後3か月以内)
  • 委任状(所有者の実印押印)
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 書式ダウンロード

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 永久抹消の場合、解体に係わる移動報告番号、解体報告記録日を記載のメモ、一時抹消している状態、登録識別情報通知(一時抹消登録証明書)
  • 解体による抹消の場合、移動報告番号と解体報告記録日が必要になります。移動報告番号はリサイクル券に記載があり、解体報告記録日は解体業者から通知されます。

注意事項

  • 車検証に記載されている所有者の住所が印鑑証明書に記載されたものと異なる場合、車検証記載の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がりがわかる住民票などが必要になります。(変更登録)
  • 車検証、又はナンバープレートを紛失、盗難等で返納できない場合は、紛失届(理由書)が必要になります。尚、紛失届には使用者の押印が必要です。

自動車重量税還付関係

自動車検査証の有効期間が1ヶ月以上残っている場合は、自動車重量税の還付申請を同時に行うと有効期間の残りの期間に相当する自動車重量税の還付を受けることができますので、次のものをご用意ください。
① 振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種類等
② 代理人申請の場合は、代理人の印鑑
③ 自動車重量税還付金を所有者以外が受け取る場合は、所有者が自署・押印、または実印を押印し、受取人を受任者とした委任状
④ 本人確認(番号確認及び身元確認)書類
(a)番号確認書類・・・個人番号カード、通知カード又は個人番号が記載された住民票
(b)身元確認書類
所有者本人が申請する場合 ・・・個人番号カード又は運転免許証
代理人が申請する場合・・・ 代理人の個人番号カード又は代理人の免許証

ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

申請前お預かりご依頼の方、郵送手続きが手間、書類のチェックをしてもらいたい。完了後お渡しご依頼の方、振込みが手間、完了書類をもってきてほしいなど(別途費用、1度のご訪問につき+3000円)

 お気軽に見積もり請求、ご連絡下さい。お待ちしてます。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をMail、FAXにて返信いたしますので、お客様が確認後、ご判断いただき、ご了承頂けましたら業務に着手致します。お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはmail、FAXを推奨しております。記載漏れ、不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、電話番号を記載の上まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

PAGE TOP