普通移転登録(名義変更)

移転登録(名義変更)

車の購入や譲渡、売却等、自動車の名義を変更する場合には移転登録の手続きが必要になります。税金や保険などのトラブルの元になりますので手続きはお早めに。

平日に手続きができない方や陸運支局に行く手間を省きたい方、お気軽にご相談下さい。

料金表

申請先 代行報酬  必要費用
横浜ナンバー管轄 5,000円 消費税、実費、
川崎・相模・湘南ナンバー管轄 10,000円 消費税、実費、

東京都全域対応いたしております。お気軽にご連絡ください。

※振込にてお支払いのお客様振込手数料がかかります。申請書等代書も別途3000円で承ります。

  • 年式の新しいお車の場合、取得税が必要となる場合があります。          (県税事務所にお問い合わせください)

 手続きに必要な書類

旧所有者が用意する書類

  • 譲渡証明書(実印を押したもの)
  • 車検証(原本)
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状(実印を押したもの)
  • 書式ダウンロード

新所有者(使用者)が用意する書類

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況をお伺いし、必要書類をお伝えします。

補足

  • 他の管轄の運輸支局から転入した場合、ナンバー変更が必要ですので申請時に自動車が 必要になります。
  • 未成年者が所有者の場合には、両親の実印を押した同意書、戸籍謄本、両親のうち1名の印鑑証明書が必要となります。
  • 使用の本拠の位置に変更がなく、自動車保管場所証明書の添付を省略する場合は従前の当該使用の本拠の位置に引き続き 拠点があることが分かる書面が必要となります。
  • 管轄変更が有る場合は事前に日程を打ち合わせ登録手続きを完了しますので、ご指定日にナンバーを取り付けて完了。
  • 旧所有者に氏名、住所等変更がある場合は変更の事実を証する書面が必要になります。変更登録手続きが必要です。
  • 自動車保管場所証明書は使用の本拠の位置が変更になり、自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要になります。

所有者、使用者が異なる場合

  • 新使用者の住所を証する書面(個人においては住民票(マイナンバーが記載されていないもの)または印鑑証明書、法人にあっては登記簿謄本等で発行後3ヶ月以内のもの)新使用者の委任状が必要です。
  • 新使用者の自動車保管場所証明書(新使用者の住所等を管轄する警察署より証明を受けたもので発行後、概ね1ヶ月以内のもの)使用の本拠の位置が変更になり、自動車保管場所証明書適用地域の場合に限り必要。
  • 車検が切れている場合は先に車検を通す必要があります。

ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

業務依頼時の郵送手続きが面倒な方、書類のチェックを希望される方、業務完了後の直接の お渡しを希望される方、銀行振込の手続きが不要となり手間が省けます。別途費用にて対応 可能です(1度のご訪問につき+3,000円)

 お気軽に見積もり請求ご連絡下さい。お待ちしております。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をE-Mail、FAXにて返信いたします。
詳細をご確認の上、ご了承頂けましたら業務に着手致します。
お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはE-mail、FAXを推奨しております。
記載漏れや不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、
電話番号を記載の上、まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

 

メールフォーム

PAGE TOP