古物商許可古物商許可

古物商許可

リサイクルショップやユーズドショップ、古本屋さんなどを開業したい方、これらの事業は、法律的には、「古物商」と言います。当事務所では、古物商の許可申請の代行を承っております。中古車、古着、アンティーク家具、古本、中古携帯電話機などの中古品を業として売買する事業者(個人、法人)を古物商と言います。事業開始にあたっては、個人、法人にかかわらず古物商として営業することの許可を受けておかなければ営業ができないのです。

目的

なぜ許可が必要かというと、取引される古物の中に窃盗の被害品等が混在するおそれがあるからです。
このため、古物営業については、「古物営業法」という法律で必要な規制等を行い、これにより窃盗その他
の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復を目的としています。

また、古物営業で取り扱う商品である「古物」の定義についても古物営業法で定められています。

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。
(1) 美術品類(2) 衣類 (3) 時計・宝飾品類(4) 自動車
(5) 自動二輪車及び原動機付自転車 (6) 自転車類(7) 写真機類
(8) 事務機器類 (9) 機械工具類(10) 道具類(11) 皮革・ゴム製品類
(12) 書籍 (13) 金券類

※許可を受けないで営業をしてしまうと、3年以下の懲役、又は100万以下の罰金に処せられる可能性があります(古物営業法第31条)ので注意が必要です。

書類の収集、作成、など様々な手続きは開業前の手間になるかと思われます。 開業プランを考えたり広告をするなど、たくさんの仕事に追われます。時間的に手続きまで手が回らないようなときは、当事務所やお近くの行政書士までお訊ねください。

報酬 必要費用
50,000円+税 ご相談後、業務着手前にお伝えいたします。

個人開業応援しております。

  1. 飲食店営業許可業務
  2. 建設業許可
  3. 二輪に関する手続き
  4. 軽自動車に関する手続き一覧
  5. 古物商許可
  6. 車両・運送関係業務
  7. 車庫証明
  8. 普通自動車に関する手続き一覧
PAGE TOP