飲食店営業許可業務飲食店営業許可

飲食店営業許可

飲食店開業を夢に頑張っている方のために、開業手続きをサポートします。飲食店を開くためには、営業所を管轄する各都道府県の保健所に「許可をください」と申請する必要があります。許可を受けなければ営業はできません!

お店の分類

食べ物を出すお店を飲食店と言いますが、上記の食品衛生法施行令第35条は、「飲食店」と「喫茶店」を別のものと規定しています。まず、飲食店は、一般的なレストランやカフェ、バーを想像してください。調理が必要なお料理や、アルコールを出せるお店も含まれます。他方、喫茶店は、もう少し軽めのメニューを出すお店を想像してください。アルコールを提供できず、うどんやパスタなどの調理が必要な料理を提供することはできません。ただし、クッキーやビスケットなどを提供することは可能です。

目的

飲食店営業許可制度には、食べ物を扱う飲食店の衛生状態等を維持するという目的があります、ろくに水道も無かったり、ネズミや害虫、虫などがたくさんいたり、ホコリまみれだったりするような状態で飲食店を営業することはよくないですよね、そもそもこのような状態ですと認められません。人的要件もあり食品衛生法違反で処分を受けたり、飲食店の営業許可取り消しを受けたりしてから2年経っていない場合には許可を受けることができません。

書類の収集、作成、保健所の現地調査など様々な手続きは開業前の手間になるかと思われます。 メニューを考えたり広告をするなど、たくさんの仕事に追われます。時間的に手続きまで手が回らないようなときは、当事務所やお近くの行政書士までお訊ねください。

※食品衛生法に違反した場合の主な罰則。3年以下の懲役又は300万円以下の罰金、食品衛生法上の危害を除去するために必要な処置をとることの命令違反、無許可営業等、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、食品に関する虚偽や誇大な表示、広告等、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、営業許可基準もしくは営業許可期間に対する違反、知事の営業停止処分に対する違反等、50万円以下の罰金、厚生労働大臣等の検査等を拒み、妨げ、または忌避した者等

報酬
現状お聞きした上で業務着手前に必要費用とともにお伝えいたします。

個人開業応援しております。

  1. 飲食店営業許可業務
  2. 建設業許可
  3. 二輪に関する手続き
  4. 軽自動車に関する手続き一覧
  5. 古物商許可
  6. 車両・運送関係業務
  7. 車庫証明
  8. 普通自動車に関する手続き一覧
PAGE TOP