軽自動車一時使用中止、解体

自動車検査証返納届出・解体返納、届出

普通自動車でいう一時使用中止、永久抹消の手続きをすることです。自動車検査証返納届出とは自動車の使用を一時的に中止する場合。自動車検査証返納届は軽自動車の使用中止の手続きと同時の場合解体返納の手続きになります。解体届出とは一時使用中止手続きを終えている車を解体手続きをする場合。

料金表

申請先 代行報酬 必要書類
 横浜・川崎ナンバー管轄  5,000円 消費税、実費、
 相模・湘南ナンバー管轄  10,000円 消費税、実費、

※振込にてお支払いのお客様振込手数料がかかります。申請書等代書も別途3000円で承ります。

必要書類
  • 車検証
  • 申請依頼書
  • ナンバー2枚
  • 使用済自動車引取証明書(解体した場合)
  • 書式ダウンロード

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

補足

  • 申請依頼書は新所有者と新使用者が同じでも必ず左側の新所有者及び新使用者両方とも押印してください。
  • 自動車検査証返納届、一時使用中止の手続きを行い、その後、軽自動車を解体した場合には解体届出の手続きが必要です。申請は、使用済自動車を引き取った事業者から、解体が完了した旨(解体報告)の連絡がなされた後、最寄りの当協会事務所・支所にて行ってください。
  • 使用済自動車引取証明書を軽自動車を引渡した際、引取業者から交付されます。使用済自動車引取証明書に記載されているリサイクル券番号(移動報告番号)の記入が必要です。

自動車重量税還付申請について

  • 自動車リサイクル法に基づき使用済自動車が適正に解体され、解体を理由とする解体届出と同時に還付申請が行われた場合、車検残存期間に対応する自動車重量税額が還付されます。ただし、車検残存期間が1ヶ月以上ある場合に限ります。なお、自動車重量税の還付には振込口座、マイナンバー等の記載が必要です。
車検期間が残っているため重量税還付を依頼する場合
  • 所有者の氏名ふりがな 電話番号
  • 申請者(所有者)の個人番号カード又は通知カードの写し(申請者の番号確認)
  • 口座情報(金融機関名、支店名、口座種別(普通、当座等)、口座番号)
    も必ずメモ等で同封してください。
  • 申請依頼書
  • 書式ダウンロード

※登録状況によって必要な書類が変わる事があります。ご依頼頂く際に現況お伺いし必要書類をお伝えします。

ご自宅まで書類の受取、お渡しのご依頼も可能!

申請前お預かりご依頼の方、郵送手続きが手間、書類のチェックをしてもらいたい。完了後お渡しご依頼の方、振込みが手間、完了書類をもってきてほしいなど(別途費用、1度のご訪問につき+3,000円)

 お気軽に見積もり請求、ご連絡下さい。お待ちしてます。

検討している事をご連絡頂けましたら、業務の流れや合計金額をMail、FAXにて返信いたしますので、お客様が確認後、ご判断いただき、ご了承頂けましたら業務に着手致します。お客様の費用総額や依頼事実等、記録を残す為に見積もりはmail、FAXを推奨しております。記載漏れ、不明な点がある場合などは、こちらから折り返しお電話いたしますので、電話番号を記載の上まずはお気軽にメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

PAGE TOP